さようなら電機メーカー、こんにちはスタートアップ

f:id:apt-k-ueno:20200107183943p:plain aptpod Advent Calendar 2019の23日目を担当するハードウェアGpのおおひらです。

いきなりアレな感じのタイトルでなんだか申し訳ないのですが、株式会社アプトポッド(以下aptpod)に入社してちょうど1年になることもあり、このタイミングでしか書けないだろうなぁということで書きました。 (本当はイケてるFPGA高位合成の記事へのRTLおじさんからのアンサーとして TclスクリプトではじめるFPGAのバージョン管理 なる記事を投下しようと思っていたんですが、これはまたの機会に…)

  • はじめに
  • 自己紹介
  • 転職に至る経緯
  • aptpodに入社して
    • 組織のこと
      • 意思決定の速さ
      • 質実剛健さ
      • 異なる経験を持つメンバーがお互いを尊敬し合う雰囲気
      • メンバーの能力の高さ
    • 働く環境のこと
      • Slackコミュニケーションで快適
      • G-SuiteやOffice 365やSmartHRやMFクラウドが
      • Gitが普通に使えて最高
      • 家族を大切にし、それを公言できる雰囲気
      • 真の裁量労働
      • バックオフィスの手厚いサポート
      • おまけ
    • めっちゃ褒めてるけどホンマかいなと思ったあなたへ
  • ハードウェア(電気)設計者として、移籍して思ったこと
    • 協力会社・商社の皆様が優しい件
    • 調達コストはやっぱり大変
    • 設計だけが仕事じゃないんやで問題
    • ハードウェア製品の性質の宣伝
  • おわりに

はじめに

  • 本稿を読むのにかかる時間は約8分です
  • あくまで一個人としてのポエムです
  • Japanese Traditional Big Company (JTBC) などと言って日本の大企業を揶揄する風潮がありますが、本記事はそのような類のものではありません
  • 令和元年12月23日(月)は平日😇ということで、ちょっと気落ちした心をリフレッシュできるよう前向きな文体を心がけます
続きを読む

スクラムビギナーが半年POをやって思ったこと

f:id:apt-k-ueno:20200107184028p:plain アドベントカレンダー22日目を担当します。ソリューションアーキテクトの sataro です。 前職ではホスティング専門のインフラエンジニアとして、穴蔵に籠って運用保守をやっていました。 それはそれで楽しかったのですが、自社プロダクトへの興味が膨らみ転職、心機一転aptpodではSAとして働いています💪

さて、本稿ではスクラムについてちょっとお話ししてみたいと思います。

aptpodでは自社プロダクト開発の一部にスクラムを取り入れています。私はその中でも スケーラビリティ をテーマに掲げたチームで、プロダクトオーナー(PO)として活動しています。 とはいっても、タイトルの通りスクラムに取り組んでようやく半年になろうかというところです。何か驚きのテクニックをご紹介!というわけにもいきませんが、これからスクラム始めてみようという方や、POってなんぞ?という方の参考になれば幸いです。

  • はじめに
  • まずは予習してみた
  • で、POってなに?
  • 実践してみたこと
    • Who
    • Why
    • What
    • When
    • Where
    • How
  • まとめ

はじめに

スケーラビリティ と書きましたが、まずは簡単にプロダクトの背景説明を。

続きを読む

輝けるおっさんの日常

f:id:apt-k-ueno:20200107190420j:plain aptpod Advent Calendar 2019の20日目担当をします。高橋です。

CTO室でVPoEとして組織マネジメントを担当させてもらっています。

弊社はハードウェアや組込みソフトの低レイヤから、ネットワークを介しクラウドに至るまでの広範囲な技術を一貫して内製で開発し提供するため、多種多様なエンジニアがおりダイバーシティ(多様性)が尊重される会社です。

私からは、普段の業務で心がけていることについてお話します。


  • 人と向き合う
    • 会話のオンとオフ
    • Goodの発掘
    • 弱みは隠すより見せる
    • 任せるのではなく支援する
    • 見過ぎるのではなく間違えずに見る
  • 組織と向き合う
    • 目標はたすき掛けで設計する
    • チームの価値は面で捉える
    • 挑戦にはリミットとリカバリープランを
  • おっさんが輝くから若手が輝く
  • おわりに
続きを読む

エンジニアによるユーザーマニュアルの作り方

f:id:apt-k-ueno:20200107190508j:plain

aptpod Advent Calendar 2019の19日目担当、Webチームの蔵下です。普段は、自社プロダクトのUIをReactでゴリゴリ書きつつ、社内のお酒好きを集めて不定期で飲み会を開いています🍶(飲みのお誘いお待ちしています)

みなさんの会社では誰がユーザーマニュアルを作成していますか? 数百人規模の大きな会社であれば専属のマニュアル作成チームがあるかもしれません。aptpodでも専属のチームがいてくれたら心強いのですが、絶賛成長中のスタートアップということもありまだ専属チームはありません。

そのような中でも、手塩にかけて開発したプロダクトを多くのユーザーに使っていただくためには、ユーザーマニュアルは欠かせません。我らaptpodのエンジニアが、エンジニアならではのアプローチでユーザーマニュアルを作った方法を紹介します。

自動でできるところは自動で! バージョン管理でデグレなんてしない! をモットーに💪

  • 前段: aptpodでのプロダクト開発の進め方
  • エンジニアによるユーザーマニュアル作成の流れ
    • 1. 目次作成
    • 2. 担当者をアサイン
    • 3. 校正ツールの導入
    • 4. 文章作成
    • 5. GitLab上で相互レビュー
    • 6. レビュー後の文章をWord化
    • 7. PDF生成
  • おわりに
続きを読む